読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

潮吹きのオベンキョウ会

f:id:seiseikatsukojo:20160721014434j:plain

男女ともに、相手に喜んでもらおうと性の手技をとことん研究する方がいます。有名なAV男優・女優が講師として出演する講習映像をご覧になった方も多いでしょう。

 

ただ!ここで申し上げたいのは、あれらが100%正しいかというと決してそうではないのです。参考程度に捉えていてください。

人の触覚や精神状態などは一人一人違う上、同じ人でも体のリズムやその時の状況で感じ方が違ってきます。

ビデオの内容は、そのまま目の前の相手に通じないことの方が多い。

 

ポピュラーなのは「女性の潮の吹かせ方」。

女性のワタシが「みなさん密かに研究してるんだな」と感じるのが、一生懸命に膣の "そのあたり??" を刺激してくる時。

「この辺のはずなんだけどな〜」

と無言で考えてるのかなーというのが女性側からもよく分かります。

で、刺激すれども潮は吹かれないので、おかしいなー、と更に更に指でコリコリなさいます。

 

女性には、吹きやすい人とそうでない人がはっきり分かれるように思います。吹く人は、もう怒涛のように吹く。

私は殆ど吹かないタイプで、個人的な体の感覚から言わせていただくと、先ず、吹かない女性は

① 精神的に相当ほぐれた状態で

② 絶妙なフェザータッチなどでいつもの性生活よりも強い官能を与え

③ ほぐれた気持ちが維持されたまま(途中でハッと我に帰っちゃダメ)

④ 例のツボを刺激する

ということをしませんと、出ません。しかも、潮吹き映像などでお馴染みの「シャー」っというのは、吹かないタイプの女性に求めない方がいいです。

 

男性は自分なりに頑張ったのに。

女性は「感じさせようとしてくれたのかな?」とは思いつつ、「でも微妙」という感想を持ち。

お互いが妙に気にしてしまう。

という空気が生まれてしまいます。男性が潮吹きを諦めて、違う流れになり、終了した頃にはもう潮吹きの空努力のことは忘れていた方が気不味い雰囲気から免れます。

 

潮吹きだけではないのですが、しかも男性→女性に対するサービスだけでなく、女性→男性に対するサービスで、ビデオ通りに行うと失敗することも多々あります。よね?

 

目の前の相手を、じっくり見つめることです。

この人はどうすると感じるのか。

それに徹するとお互いに没頭できるのではないでしょうか。