「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

イマドキブログは、タメにならなきゃダメなのか

f:id:seiseikatsukojo:20160519211713j:image

キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!

 

と、なりました。ブログってのは、お得情報とか、あなたが成功するための、とか、あなたがお金持ちになるための、とか、あなたに面白いネタを提供しま〜す、とか、相手に何かを差し出して、その代わり

Look at meeeeee !!!!!!! キーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!

っていう内容でないといけないのでしょうか。

確かにオイラもそうざんす。性の営みがうまくいかないそこのアナタの原因を共に探って自信をもって、ゴー!ゴー!性の行為!と励んでいただけるための相談をしてるので、少しでも多くの人に気がついてもらいたくブログちゃんを開設した、下心・助平心満載のブログ執筆者の一人であることは言い逃れしません。

 

でもなんだかなあ!(←阿藤海風に読んで頂きたい)

なんだかなあ。わざとらしい記事が多い気がして、嫌になってきたのです。

「あなたのために」を全面的に出しすぎるものが多いんじゃないかしらん。参考になるようなネタやら記事やら無いかね、なんて物色していると、本当にゲッソリ致します。そうしたら......あたしのように性を取り扱って仕事したいなんて人間は資本論なんかと谷崎を併読して進めていった方がいいような気すらしてきます。

 

ねえ、あたしのこと襲って〜!

食べちゃって〜!

どうにでも好きにしてぇ〜ん!

と鼻息も荒く、女性が向こうからガッツリ来られると、かえって両足の間にある息子さんは大人しくなってしまうではないですか。それに似ているような。

この辺の匙加減て本当に難しいじゃないですか。アピールのさりげなさが完璧だと、気付いてもらえないものなのです。「さりげなさが完璧」ってのも変な言い方ですが。

どこかに小石を転がしておいて、滑らかな面をすこーし滑らかじゃなくする。その小石の大きさや置き方を工夫しないといけないんですけども、その小石がなんだか大きすぎる......っていう言い方をしたらいいのでしょうか。

 

おめえ人のこと言えんのかよ、と言われれば、それはごもっともなんですけども。もっと素直に性をきちんと受け止めて楽しんでもらえるブログを目指そうと思います。