読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

「非・日常」

f:id:seiseikatsukojo:20160702223125j:image
そーだなー、普段、家でできないことをしたいな!!

という願望をひっさげて風俗に遊びに来る人はかなり多い。どの風俗店を選ぶかで非日常度の高低はあれども、

自宅では行なわない、

その時にしか会わない相手とする、

などの要素を含む時点で既にその人の日常の範疇からはある程度外れた性的営みである。

純粋な性欲解消だけが目的であり、且つ、手っ取り早く済ませたい場合もあるだろうが、兎も角、人は至る所に夢を見る。

 

私が担当したデリヘルのお客さん達の「普段しないことをしたいな!」

というリクエストが、

・大人のオモチャを女性に試してみたい

・エロ刺激下着を着用して欲しい

・ずーっとずーっと、おしゃぶりしていて欲しい

・お互いに自分の性器をいじって見せ合いたい

など、” ちょっとだけ変わったこと ” であることが圧倒的に多かった。

ちょっとだけ、なのである。

( こんなこともしていないんスか!)

と、正直衝撃でもあった。世の女性たちはそこまで性に恥ずかしがり屋なのか、とも思い、彼女らが自分を解放できてないな、とも勝手に考えた。

 

性発散に非日常を求める企業戦士たる男性諸氏、自分に疲れた男性諸氏、のストレスの強さを、

 

自分をどこかで堰き止めて性を謳歌できない女性の、押し込められた力を、

 

双方ともどうにかしたいと考えた。

 

非日常を性交渉や性欲の処理に求める場合、非日常が希望どおりに達成せられた後というのは、元気よく現実に戻って行ける自分がいる、のではないだろうか。

 

夢はどんどん見ても描いても、損しません。人間らしい営み万歳。

 

歌川

 

Facebook はこちら
https://facebook.com/100012581101682

Twitter はこちら
https://twitter.com/utagawamotoko

アメブロはこちら
https://ameblo.jp/seiseikatsukojo