読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

アダルトグッズの売り文句

f:id:seiseikatsukojo:20160716203043j:image

大分年数が経ちますが、短期間の2ヶ月だけ企業向けアダルトグッズの卸売&制作会社にいたことがあります。個人への販売は行わず、風俗店とか同業者とかお相手でした。

多分、典雅さんが創業間もない頃の話です。

 

あたくしは、仕入部門で顧客様向けのカタログの商品販促文を書いたりしてました。試用期間中の見習いパートにそんな楽しい業務をさせて頂いたこと、いまだ感謝しております。

 

で、この商品を使うとこんなに楽しめるよ〜という思いでいくつか書きましたが、正直、ディルドもローターもバイブレーターも、ペ、スリングも類似品がたくさんあり、

これ……違いってあるのか??

という疑問は尽きないまま、

特徴をそのまま書いて、楽しく性欲を煽れるように心掛けようと思ってました。

例えばバイブレーターの二枚舌子機タイプなら

f:id:seiseikatsukojo:20160715225442j:image

「これはクリ刺激のところが二枚舌仕様。クリにダブルで刺激されながら、中に入ってくる暴れん棒で、もっと、おもっきり感じまくっちゃお!」

とか。わたしの場合は、実際使っていないまま、見た感じで書いておりました。

 

わー。久し振りに書いてみると、やっぱ楽しいわ。……て、それはさておき。

楽しく性欲を煽れるように心掛けていたものの、今になって、

これでもう彼女はビショビショ……

とか、

どんどん気持ちよくさせちゃえ!

とか、

あなたはムスコがギンギンになるのを抑えられない!

とか。

他人事だと思って、案外勝手なことばっか書いてたなーとたまに反省の気持ちになることがあります。

 

これもまた、性に関する妄想を助長してたんじゃないかなんて考え込むこともあります。

 

私の書いた売り文句のよくない点は、

 

・使用した時の状況やその後得られるであろう劇的快感を勝手に予想した

 

ところだったと自分で猛省しております。誰かの、これからはじまるストーリーを、歌川という主人公がまったく知らない人物が書いちゃってるわけですから、余計な御世話なんですよね。

 

楽しく性欲を煽らなくてもよかったわけです。

 

普段よく閲覧するアダルトグッズサイトをみたら、シンプルに商品の特徴のみを伝えてました。

 

なにも足さない。なにも引かない。

サントリーの山崎のCM、深いなあと思いました。とさ。

 

歌川

 

Facebook はこちら
https://facebook.com/100012581101682

Twitter はこちら
https://twitter.com/utagawamotoko

アメブロはこちら
( はてなブログと別内容 )
https://ameblo.jp/seiseikatsukojo

ココナラやってます
( 登録(無料)が必要です。)
http://coconala.com/smartphone/users/317560