「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

おとなの階段のぼる

f:id:seiseikatsukojo:20160731174003j:image

君はまだシンデレラさ

 

……H2Oの歌を書きたかったんじゃなく、性交に至るまでの段階の話です。

実際、子供から大人になるまでの間、様々な階段が存在してますよね。

 

**********あはん***

 

フィンランドの教育に関する本を読みましたのです。フィンランド性教育教材セットには、性に至る途中途中の

「各段階で必要とされる能力や、考え方が率直に語られており、日本の子どもたちのためにも役立ちそうなフレーズがたくさんある。」

(『フィンランドジェンダーセクシュアリティと教育』橋本紀子 )

 

と綴られています。この部分だけでも衝撃。

事に及ぶまでの ” 段階 ” の方は、我々日本人でもなんとなくイメージできるじゃないですか。

しかしです。各段階で必要とされる能力って。そこまで私たち、きちんと見つめていましたかね。そして、その各段階での能力がクリアできてないまま、次の段階に進まざるを得なかったり、飛び級っていうかスピード出世っていうか、過程を大事にしないまま、性でのオトナになったりしていませんでしたかね。

 

とゆーことは。今の日本は人が成長する中で、自分や周囲の人々、生きるということの根本をしっかり見つめる時間が足りてないように感じましたがいかがでしょう。

 

この本に掲載された資料には、ホントなら図入りのフィンランドの教材もあり、

 

 

誕生  好奇心

↓     ・母/父ー女性/男性

         ・自己の尊厳とプライバシー

 

思春期 感受性

↓   ・身近な人にひそかに思いを寄せる

       ・少女からおとなの女性へ

          少年からおとなの男性へ

          思春期の混乱

 

      ・思いを友人に話す

      ・知識へのかわきを沈める性的感情

 

      ・私はあなたが好き

      ・手をつなぐ

思春期 刺激

      キスをする

       ・感覚 感情 身体

       ・自分自身の成熟度を評価する能力 

 

どんなことがここちよく感じられるか?

        ・感覚レベルの基礎

 

性交も含めて愛し合う

安全なおとなへと成長する

         ・自立と責任

         ・豊かな性的関係を形成する能力

成人

 

( 前出『フィンランドジェンダーセクシュアリティと教育』)

 

 

と、誕生から成人までの「おとなの階段」が説明されています。

 

赤字は勝手に私が色付けました。あまりに衝撃だったので。

 

性を営むに適した年齢になった皆さん。なりつつある皆さん。

ここまで、よくよく自分とお相手に対峙してきたでしょうか。

 

いいことを知ってしまった……。

これだけでも、今後のおセッ、スの時間がより充実させられるとゆーもの。

 

みなさまも素敵なラブタイムを〜。

 

昨日は眠気に勝てず日記抜けましたので、今夜もいっこ上げます。よろしくどうぞ ☆

 

歌川

 

いくつかやっております。よろしかったら覗いてやって下さいまし。

アメブロ
はてなと別内容の、アメブロ向け女子的話題を書いてます
https://ameblo.jp/seiseikatsukojo

Facebook
日々のメモ書いてます
https://facebook.com/100012581101682


Twitter はこちら
普段の普通ツイート
https://twitter.com/utagawamotoko


ココナラやってます
( 登録(無料)が必要です。)
http://coconala.com/smartphone/users/317560