読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

風俗勤務体験から学べること。

f:id:seiseikatsukojo:20161101010430j:image

一般的に考えたら、門を叩くのに相当抵抗のある仕事、風俗嬢。

 

このお仕事に就く方々にはそれぞれ理由があるわけですが、殆どの嬢は金銭面が理由ではじめるようです。中には、かつてのワタシの様に性欲に苛まれてはじめる人もいます。

40歳手前で変化しつつある女体は、愛しいようで恐ろしく、その逆もまた然り。

 

ご存知のとおり、この仕事 ザ・フーゾク は出来高制です。自分がお相手したお客さんから得る収入 ( からお店の取り分を引いた額 ) のみが自分の収入です。待機手当とかとんでもねえ。待ってるだけじゃお金はやってこない世界。

どの仕事も同じですがね。

 

 

風俗業界の運営システムは、厳密に言うと、厳密に言わなくても、お店側からすれば各嬢は委託先であり個人事業主扱いです。お店に予約が入ると、店経由で、本日派遣されました某と申しますっつってお客さんへ性的密着パフォーマンスをするわけですな。

 

もし出勤してもお客さんに選んで貰えないとその日の収入はありません。

ということは、圧倒的人気嬢になるとか、ある一定の固定客のハートと秘密の部分を鷲掴みにし続けないといけない。

 

そこで各自、自分で自分を売り込む努力が必要になってきます。

どうしたら、売れるのか。

 

そこで、売れるために何と何と何と何と何と何と何をすればいいのか……と、ワタクシが無い知恵絞って考えたことを数回に分けて書いてゆこーと思います。

 

しかし結局、勤務してる間には、一番肝心な「目の前の男性をしっかり受け入れる」ことが達成できなかったために私はリピート率が全く上がりませんでした。

 

結局引いちゃってるわけですから、ダメですよ。お客さんに。

何故引いてしまったか。

 

一番肝心なのは、この世界でもココロの部分なのでした。

 

男というものは寂しい生き物ですから、その寂しさや虚しさや疲れや受け入れて貰いたさに性欲を被せて、風俗を利用する。

 

 

四十路手前の、妊娠したがってうずうずしている欲求を解消するために性の仕事をはじめた人間は、やっぱりある程度健常で、適度に清潔感のある美しい肉体と絡みたいわけです。

 

だけども、寄ってくるのは隠れかまってちゃん達が多く、めんどくせぇと心のどこかで感じながら接客してたわけです。

ほかには、自己防衛というか。やはりビョーキはこわい。ご自分の体に無頓着過ぎる男性の皮膚に無数のカサブタみたいなのがあれば、ひいい!と思い、無数のイボイボみたいなのがあれば、ひいい!と思い、皮を被りすぎていて全く頭を露わさない息子さんをみて、ひいい!と思い。

そんなんだから、実生活でモテないんだお前ら!と思い。

あたしだってモテないくせに。

 

ひいい!と思えども、どんな男性にも公平に、その肉体を愛おしむように慈しむように愛撫し昂揚させて、心身ともにメロメロにさせ元気になってもらい、喜びを与えられるのが性のプロです。

 

そんな神の域には当時とてもじゃないけど行けなかった……。

性病だけでなく、例えばこのイボイボが私の肉体にうつったらどーしてくれる、とかそんなことも恐怖でした。

 

 

今思えば失礼な話です。もちろん全員が全員、そんな方ばかりではありませんでしたけど、あたしの ( ひいい! ) という心の叫びを聞き取った男性は多かった筈です。

 

そんな、肝心な部分ができなかった自分は、指名してもらうために何をしたのか。 

代表的なのはブログ書きですよね。みんなやってるアプローチです。

いわゆる写メ日記。お店のホームページの他、風俗情報サイトに掲載されたり、あとは個人的にブログを書いてる人もいます。

 

ブログに関しては、一日ん万プレビューを誇る吉原のソープ嬢・愛梨さんのブログ講座に行きましたよ。

ブログ講座を主催された風俗嬢講師の愛花さんの風俗嬢向けメルマガは今でも読んでいます。

 

次回は、風俗嬢のブログについてのあたくしの考察を書いて参ります。

( 次のネタ出来たー )

 

 

歌川もとこ

 

 

いくつかやっております。よろしかったら覗いてやって下さいまし。

アメブロ
はてなと別内容の、アメブロ向け女子的話題を書いてます
https://ameblo.jp/seiseikatsukojo

 

Facebook
日々のメモ書いてます
セキュリティチェックが必要です

 

Twitter はこちら
普段の普通ツイート
歌川もとこ (@utagawamotoko) | Twitter

 

ココナラやってます
( 登録(無料)が必要です。)
歌川もとこさんのプロフィール | ココナラ

 

相談室、準備中です。
やわらかな性の相談室
メール yawarakanasei@gmail.com
HP ホーム - やわらかな性の相談室ホームページ
( 無料相談受け付けております )