読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「せい」をアレコレ

性について(あるいは生や整や精など)について書きますよ!

女性たち、素直に涎を垂らすがいいよ。

f:id:seiseikatsukojo:20170124214404j:image

 

女性たるもの、男性の熱くてカタいおちん、んを目の前にし、手で触れ、口につけ、その人そのものを堪能するうちに自ずと涎が湧き出てくるものなんだと思います。

ヨダレってあれですよ、お口とおシモと両方ともを指して書いています。おちん、んをお口でいじり続けていると、ヨダレが尽きるどころか楽しいとどんどん湧いてきませんか?いかがでしょう女性の皆さま。

 

まあ、それはおちん、んだけではない。

好きな男性が近くにいてお互いに好意を持っていることがわかっており、色気のある雰囲気になったなら、その人の持つ「女性」が男性に反応して、メスになっていくというのかなんていうのか、気がついたら手も触れず何もしていないのに、ぐっしょり......という状態になるのが健全な異性関係なのではないでしょうか。

 

そばにいる男性に気持ちを許し、体も委ねられる域に入って初めてできる「濡れ」です。アメブロの方ではその女性の持つ「むじゃきさ」を発見できて性を楽しめるようになっていきましょうね  ♪ ということを書いていますが、なかなか、「最大のリラックスができたら興奮や快楽につながる」ことと結びつかないのかもしれません。

 

女性の陰部が乾いているのは、リラックスできておらず、幸福感もなく、負荷ばかりかかっているから、なのは周知の事実です。

 

リラックスしてもいいんだよ、というよりはリラックスしないと濡れなければ気持ちいいはずもなく、何のタガも外れません。

タガが外れなければ絶頂なんて有り得ません。

 

そういうことを言いたい。

 

ヨダレを垂らすって文を書きたかったので、かなり久し振りではてなブログに投稿させていただきました。

 

レッツ、濡れ濡れ。

 

 

 

はてなブログ以外はこちら。

アメブロ

Facebook 

Twitter

ご相談受け付けております。

やわらかな性の相談室 

相談のお申し込みフォーム

メール yawarakanasei@gmail.com